よこやまばなし

よこやまさんのよもやまばなしです。

むだい。

(旦那さんが帰ってくると思うと胃が痛くなるし))

気が重い。

 

これからどうしたらいいんだろうって不安が非常に大きいから

ご飯食べなくても全くお腹すかないし

息苦しくてご飯食べようってどころじゃない。

 

とにかく気が重い。

 

この生活が一生続くんだな…と思うと

さらに不安が募る。

 

 

  • 20170529 追記

あまりの疲労困憊にエントリーできなかった記事を現状含めて追記

 

この日の夜、私が強制的に話し合いの場を作り
それでもなんとか軌道修正したくて、本心の見えない旦那がどう思っているのか、
私に何を求めているのかを尋ねた。


とんでもない答えが返ってきた。斜め上過ぎて胃が痛い。

『俺は世間体を気にするから、外で感情的に怒るのはやめてほしい』(おっしゃる通りですね。ごめんなさい)
『家の中では別にどうでもいいけど、外に出たら傍から見たときに仲良し夫婦に見えるように演技してほしい』(ん?これは変な話じゃない?)

 

一つ目に関しては性格の不一致から相手にストレスを与えていたことなので謝りました。今でも心がけています。

 

この二つ目が良く理解できなかった。うわべだけは仲良く見えるように演技しろって話かな?こう聞いてみた。
「さっきも言ったけど、世間体があるから人が見てるところではニコニコ笑っていてくれればいいんだよ。俺のためにそうしてくれないか?」

とてもとても行き場のない、何とも言えない怒りがこみあげてきて
外面を気にして家族の問題の解決はないの?そもそも他愛ない話さえせず歩み寄る姿勢がないからこうなってるのに…
と、怒ったのです。

そしたら

「あー!!面倒くさい!!これだから嫌なんだよ。めんどくさいんだよ。はぁぁぁー!」そして発狂。
「なんでも間でも俺が悪いのか?少しは自分が悪いとか考えねーのかよ!何でもかんでも俺がいけないのかよ!全部お前がいいように考えてるのが俺にとってストレスなんだよ!!」

と怒鳴り声をあげました。

 

誰が悪くて、誰が正しいという話は一切していない。
何度も言うが、そもそもの話の大筋は旦那の主張とは全く違うものである。
だが、自分の意見がしっかり聞けた瞬間。

感動!…ではない。
やっと本心をぶつけてきてくれた言葉が、いかなる状況でも
人に対して言ってはいけないものだった。

面倒くさいという感情も、言葉も、人に言ってはいけない
なぜなら、その一言はその人の心を抉って殺すものだから。

この言葉は本当に傷つく。犬畜生と言われるより傷が深い。


現に半年近くたった今、あの日のあの言葉以降、私は不信感と不安で手が震える。

広告を非表示にする